【FGO】ジャンヌオルタと土方歳三のお話


シェアする

『【FGO】ジャンヌオルタと土方歳三のお話』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 16:24:17 ID:28b268c30 返信

    凄いかとはわかるんだけど。文学センスないから理解出来ん・・・誰か説明してくれぃ

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 16:33:59 ID:c3e860e07 返信

    雰囲気で楽しめばいいと思うよ

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 16:44:14 ID:ca8052aaf 返信

    ジャルタは自分を捨てたフランスを恨んだ(ジルの願いだけど)
    副長は新撰組を捨てた幕府のために、信じてついてきた隊士も旧幕府軍も皆死んでも死ぬまで戦い続けた
    アヴェンジャーになってもおかしくないのに「何を恨むんだ」と言うんだから、そりゃバーサーカーだよな

    と、自分は解釈したな

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 17:32:37 ID:c3e860e07 返信

    邪ンヌと土方さんは負け戦と挫折ばっかの人生だったことについて「恨んでないの?」と聞いたら「何を恨むんだ?」と返されたから未だに諦めずに戦い続けてるところに感心と同時に「狂ってる」と言った
    と自分は解釈しました

  5. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 19:10:34 ID:049abf5aa 返信

    屍の上に立つご同類かなと思ったら
    復讐のためでもなくただ諦めていないという理由で走り続けている狂人だからね

  6. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 19:28:26 ID:83187aa48 返信

    ジャンヌを生贄にして戦争をやめたフランス国家を恨んでいて欲しいとジルが願って生まれたのがオルタで、戦争で苦しむ人がいなくなるなら自分を生贄に捧げても恨まないとしていたのが型月ジャンヌ。
    そして、生まれた国の維新の犠牲となり、しかし生まれた国を恨まず、しかれども墓標の中で生まれた国に対して戦いを続けているのが型月土方。

    ある意味第三の道ではあるのだけれど、そりゃ、狂ってもいるさ。

  7. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 21:31:55 ID:d397ce7c4 返信

    とはいえ、土方さんは好きに生きて戦ったと思うがね
    悲惨というものでもないだろう

  8. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 21:40:26 ID:4230e0d95 返信

    土方さんはおそらくけつがやわらけぇしかかんがえていないものとおもわれる

  9. 名前:匿名 投稿日:2019/05/19(日) 01:05:13 ID:3120f656b 返信

    8
    こいつ良い胸してたたよな…とか思ってそう

  10. 名前:匿名 投稿日:2019/05/19(日) 04:51:38 ID:8d0c9d00f 返信

    8
    よく見りゃべっぴんだな…とか思ってそう

  11. 名前:匿名 投稿日:2019/05/19(日) 06:35:31 ID:f4a7c9a7c 返信

    ドリフの廃棄物組の別の側面

  12. 名前:匿名 投稿日:2019/05/28(火) 00:38:38 ID:c186ea2ff 返信

    FGOの土方さんはムッツリ助平なので、内心座られて喜んでそう

  13. 名前:匿名 投稿日:2020/02/03(月) 23:55:15 ID:ab5a78f73 返信

    ドリフのヒッジはまんま復讐者だけど型月ヒッジはあれで良くも悪くもポジティブだからな…
    ヒッジ的には自分の意思で好き好んで戦った以上何かを憎む理由がないのは当然かもしれんが。

  14. 名前:匿名 投稿日:2020/04/02(木) 19:54:54 ID:0e2de0b30 返信

    土方歳三の死を悼む一句

    早き瀬に 力足らぬや 下り鮎