【FGO】沖田「私、きっとろくな死に方できやしませんね」


シェアする

『【FGO】沖田「私、きっとろくな死に方できやしませんね」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 15:16:46 ID:6b013cab1 返信

    精一杯あの時代を生きた、と山南さんは言ったけど
    それに後悔が無いかどうかというのはまた違う…

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 17:38:07 ID:2dcfeaab1 返信

      精一杯(無理をしてまで)生きたってことかな….

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 18:54:13 ID:87ca16ff6 返信

      精一杯、脇目も降らずに真っ直ぐに駆け抜けて、走り終わって眠りにつこうとすると、色々迷ってしまう。人間だもの。
      ソコでそっと、此処に何でも願いの叶う『かもしれない』聖杯があるよ。
      とか囁いて戦力確保しようとするのが抑止力

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 15:24:20 ID:bfe9a0c78 返信

    史実、沖田さんは近藤さんの死を知らずに逝ったんだよなぁ…
    出陣前にあいさつに来た近藤さんに泣いて別れをして
    死の間際まで病床で「近藤さんからの連絡はありませんか?」と気遣い続けてた
    そして、近藤さんの死から2か月くらいで後を追うように亡くなったという…

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 20:40:29 ID:f5eb349eb 返信

      そらヒッジも突っ走るしか無くなるわな

  3. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 16:04:55 ID:968b81721 返信

    山南さんを介錯したこと?

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 17:40:36 ID:2dcfeaab1 返信

      あの時斬る以外の方法があったかどうかって思ってたのかな

  4. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 16:08:14 ID:2e2ddbd72 返信

    現実の新撰組も色々やってるからまぁ天国には行けんだろなぁ。覚悟の上だろうけど。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 17:59:50 ID:a1a8a6487 返信

      まぁあの時代に多少なりとも名を残した人物は、幕府側、倒幕側問わず天国にはいけないわな…
      綺麗事や善意だけで、何かをやったり、信念貫けるような時代じゃなかったし…

      • 名前:匿名 投稿日:2020/10/28(水) 19:19:49 ID:ad058dd61 返信

        今もそうだよ(小声)
        そういう輩は成功者に這い寄ってくるものなので・・・

  5. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 16:38:48 ID:bdba98778 返信

    ノッブ「畳の上で病死って部下に裏切られて炎の中で切腹するよりマシな死に方に思えるんじゃが!じゃが!」

  6. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 17:20:16 ID:093bebe69 返信

    でぇじょうぶだ
    その後お主はジェットを着けて悠々と空を飛び回るオキタ・J・ソウジとなるのだから

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 18:39:56 ID:a790d7131 返信

      ろくでもなさすぎる…

      • 名前:匿名 投稿日:2020/10/28(水) 00:05:07 ID:34034c750 返信

        でもこの状態の沖田さんほ健康なんだよね···。

  7. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 20:57:27 ID:52f814a34 返信

    でも素敵な恋に巡り合えたじゃねぇか
    (前からの続き)

  8. 名前:匿名 投稿日:2020/10/27(火) 22:00:21 ID:412fdbbff 返信

    後世じゃ小説やら映画やらになったり薄幸美少年の天才剣士で定着したりしてるから…

  9. 名前:匿名 投稿日:2020/10/28(水) 01:47:23 ID:ad058dd61 返信

    やってることは人の人生を勝手に終わらせるってことだからな。
    人が死んでるところを見た時の感覚に、自分がこれをやったんだって感覚が足されると思うと辛いよ。

  10. 名前:匿名 投稿日:2020/10/28(水) 16:07:12 ID:739a490fd 返信

    残念だが、死んでも変わらずこき使われるのだ。