【FGO】締切という圧政を打ち砕いてくれるアシスタントのスパルタクス


シェアする

『【FGO】締切という圧政を打ち砕いてくれるアシスタントのスパルタクス』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/07/16(火) 23:03:37 ID:ee58304a1 返信

    彼の様な漢こそ、今のジャンプ編集部に必要だと思った

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/07/16(火) 23:18:58 ID:31c1562e7 返信

    鼓舞する人って重要だよね。

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/07/16(火) 23:27:27 ID:9075136bb 返信

    アシスタントではなく担当さん

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/07/16(火) 23:45:38 ID:63a9d621a 返信

    腰が痛くて原稿書けないけどアイドルのライブには行く漫画家にスパさんと医神と婦長派遣してくれないかな
    駄目なら山の翁

  5. 名前:匿名 投稿日:2019/07/16(火) 23:58:20 ID:b3e290261 返信

    よし!プリヤの作者んとこに派遣しよう!

  6. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 00:12:56 ID:7364e956e 返信

    ※4
    なんかすごくピンポイントな特徴をあげられとるんですがw

  7. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 00:13:32 ID:335d2d101 返信

    コレもう鬼編集って言う圧制そのものなのでは?

  8. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 00:13:55 ID:163615685 返信

    やってる時はいつか殺すと思うくらい憎らしいけどすべて終わった後にあの人がいてくれて良かった…ってなるやつ。

  9. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 01:02:14 ID:9f9cbdc10 返信

    今の時期だったら2/5完成してるはずなのに隻狼とかやってたらまだ1/5位しか完成してないんだ・
    助けてスパさん

  10. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 02:08:22 ID:73fbefce4 返信

    *9
    隻狼をやめて、他の事は取捨選択して時間を作り出すしかあるまい

    隻狼は何回でも死ねるが、そのイベントはその時だけしかない

  11. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 04:07:21 ID:31fb44f6a 返信

    担当の英霊とか珍しいなw

  12. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 06:02:19 ID:9959b3f86 返信

    圧政する側やん

  13. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 07:37:20 ID:9cb5e238b 返信

    ※12だが待ってほしい、続きを描かないで遊び呆けて、続きを読みたい読者を待たせる作者こそ圧政者では?

  14. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 08:25:57 ID:c7d5784e5 返信

    ※11 つまりチャンピオン誌から伝説の壁が英霊としてやってくると

  15. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 11:14:14 ID:c19f9cb7a 返信

    ジムのコーチのような、人に限界を超えさせるのが上手い人って感じか。
    やる気と気力が伴ってる時は心強い反面、ただただ単純に納期に怯えてる時とかだと辛すぎる……

  16. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 12:16:51 ID:253110e36 返信

    9
    隻狼やってるとか、空知かな?

  17. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 13:05:56 ID:4823b3622 返信

    てっきり開催日や締切を強引に引き伸ばすものかと思ったわ。すまぬスパさん

  18. 名前:匿名 投稿日:2019/07/17(水) 21:10:07 ID:0b883215a 返信

    スパさんなら「汝を圧政するはこの紙か!!!」って言って原稿ブチ破りそう

  19. 名前:匿名 投稿日:2019/07/18(木) 15:02:42 ID:a57cf63ed 返信

    スパさんは「常に最も困難な選択をする」男。圧制という理不尽に耐え、勝つことにこそ喜びを得るマゾヒスト。
    締め切りがすぐそこまで迫ってきているのならこのマンガのスパさんはスケジュールをキッチリ管理して同胞を激励して全身全霊で本を仕上げる選択をするんじゃろうな、そして出来上がったモノを全力で売りまくって反逆を続けるのであろう……